スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドルは王女様 

どうやらバレンタインイベントの詳細も
来てるみたいだけど、
とりあえずあと2週間は
頑張ってロンドンのお仕事を片づけちゃおう。

っていうことでロンドンに寄港したわたし。



おぉっと、
久々のお呼び出しだよ!
これは、アレだよね。
やっぱ、開錠修行してからこっち、
いろいろと加速してるわ。

歳をとると月日が経つのが早く感じるような?
あぁ、うん、19歳だけどね。

0727.jpg

いよいよ五等勲爵士!
たしか、五等になると何かができるような気がしたけど、
なんだったっけ?

ま、いっか。
とりあえず金庫の枠増えるし。

前回、准五等になったのが去年の4月だから…。
かれこれ半年以上かかってるってことになるわねぇ。
相変わらずのスローペース。
我ながら感心してしまうわ。

あぁ、そうそう。
話は変わるけど、
全然予想もしてなかったところに
やたらめったら人が集まってて、
びっくりした経験ないですか?

わたしはあります。

0728.jpg

ナントにマルグリット様の時代来たっぽい(笑

…てゆーか、なんで?


スポンサーサイト

雨降って、絵、埋まる 

パナマ運河の勅命を終わらせる前に、
コピアポっていう街に寄ったんだけど、
そこの住人がこんなことを言ってたのよね。



コピアポの北の砂漠って言うと
多分ナスカ台地とか、その辺になると思うんだけど、
確かに、雨が降らないから
地上絵が存続できたとか聞いたことある。

でも、そんな地上絵が大変なことになってるみたい。

ナスカの地上絵、大雨で一部が土砂に埋まる

うーん、
自然の仕業じゃあ、仕方ないわよね。
今まで存続できたことが奇跡みたいなもんだし。
まぁ、
これからもできるだけ長く残って欲しいものだけど。


ひとりでサルベージ、略してソロベージ 

パナマ運河も開通できたし、
当面は故郷に戻って
ロンドンでのお仕事を頑張ろうと思うのよね。
連続クエとか、結構あるし。
北の方とか、ほったらかしだし。



あぁもぅっ、わかったわよっ。
一月以上も放っておいて悪かったわね。
こないだジェノヴァに寄ったついでに、
道具もちゃんと補充しておいたから、
今度こそやってあげるわよ。

地図をこすって調べてみると、
ちょうどスカンジナビア半島の南西。
北海エリアの北西の端っぽいわね。
一人で見つけるのはメンドウだけど、
ま、仕方ないわ。

そろーりそろーりと船を進めて…、
簡易サルベージロープを投下っ。

0719.jpg

リーチ一発っ \(°o°;)/

あぁっ、なんて運がいいのかしら。
さすがに、一月以上寝かせただけのことはあるわ。
この沈没船ったら、
よっぽどわたしに引き上げられたかったのね。
くふ、ういやつめ。

0720.jpg

来た来たっ。
しかしまぁ、なんでこんな
なーんにもないところで沈んじゃったのかしらねぇ。
もうちょっと頑張ればベルゲンの港があったのに。

0721.jpg

うーん…、小さい…。

まl、こんなあっさり見つかるんだから、
こんなものかもしれないわね。
船がちっちゃくても中身は財宝だらけってこともあるし。
あいにくと連絡がつく仲間がいないけど、
この程度だからぱぱっと済ませちゃいましょ。

0722.jpg

さすがに中も狭いわね。
さて、宝箱は2つ。
戦闘準備もおっけーだし、
手前から開けちゃうゾ♪

じゃっじゃーん!

0723.jpg

カニ90匹…、

いん、ざ、はこ…。

うわぁ…、
想像したくなーい…。

大丈夫、まだよ。
まだ終わってない!
宝箱はあとひとつあるもの。
今度こそ、文字通りの宝箱のはず。

さぁ、開けるわ!

0724.jpg

減りすぎ (ノ_<。)

あぁ…、
誰も連れてこないでよかった…。


大型公共事業その1 

いよいよ、この時がやってきたわ。

0713.jpg

こないだ、頑張って南米をまわって
パナマまで行って来たから、
この勅命が受けられるようになったのよね。

0714.jpg

もっかいパナマまで行って
国家なんちゃら章(?)を稼ぐことも考えたんだけど、
結局メンドクチャくなっちゃって
近場ですませることにしちゃった。

遠くのなんちゃらより、近くの運河と金庫枠よね。
やっぱ。

で、民意調査。
新しい道路を開通させるにあたって、
現地の人の意見を聞こうって話。
うん、さすがよね。
いらない道路なんてつくったってしかたないもの。
生活に密着した、いい道路をつくらなきゃ。

まずは現地の酒場に行ってみないと。
庶民の本音は酒場に集まるってね。

0715.jpg

うんうん。
新しい道路は生活に変化をもたらすわよね。
でも、むやみな自然破壊はいけないわ。

厳密には現地の人じゃないけど、
ラウルにも話を聞いてみましょ。

0716.jpg

そうよね、自然は大切にしないとね。

って、

民意調査ってこれで終わり!?

いや、楽でいいんだけどさ…。
酒場で主人と従業員に話を聞いただけよ?
せめて、こう、
交易所の人に聞くとか、
その辺の住民に聞くとか…。

ねぇ?

0717.jpg

…ま、これでいいっていうんだから、いいか。
なんか釈然としないけど。
やっぱ現地の人たちのことなんて
考えちゃいないのかしらねぇ。

…いや、いいんだけどさ。

0718.jpg

尽力すれば利便性が向上するってどゆこと?
使えば使うほどポイントがたまって安くなるとか、
休日とか深夜とかは割引料金が適用されるとか?

あ、入り口と出口はノンストップで
行けるようになるとかだったら嬉しいかも。


それは地獄の釜のような… 

それは忘れもしない昨日の夜。
わたしの船は素晴らしく晴れた青い空の下、
リスボンの沖を穏やかに南下していた。
左舷前方に見えるのは、威風堂々とした戦闘艦の群れ。
いつも通りの、巨大な芋洗いのような模擬戦の光景。
飛び交う大砲の怒号。
まるでこちらの船足まで重くなりそうな、張りつめた空気。
わたしは甲板のへりに頬杖を突きながら、
その"いつも通り"を眺めていた。
やがて模擬戦の戦場が左舷中央に捉えられ、
そろそろ目的地のセビリアに向けて
進路を東に変えなければならないと、頬杖を解く。
取り舵一杯の指示を出すべく、人差し指を天に向けて立てたその瞬間。

世界は、歪んだ。



(@△@||| ) なんぞこれっ!!?

すわ、世界の終末か!?

いやもぉ、
こんなの初めてなったから、
焦ったの焦らなかったのって。
まぁ、なんとかセビリアは目視できてたら、
遭難することだけは避けられたんだけど…。
あと、サーバー境界線越えたら直ったし。

…ほんと、なんだったのかしら。
心臓に悪いから、やめて欲しいわ。
リスボン沖がトラウマになりそう…。


太平洋デビュー 

新パッケージも予約しちゃったし、
スエズ運河が導入される前に
パナマ運河をやっておかなきゃなぁってことで
ひとまず地中海を離れて
南米大陸を南下する旅に出た。

勅命を受ける前にパナマを発見しとかなきゃなんだけど、
わたしってば、まだ太平洋デビューしてなかったのよね。
まぁ、行くだけなら行ったことはあるんだけど。

んで、とりあえず中継地点として
リオデジャネイロに寄ってみたの。
ここでめいっぱい補給すれば、
一気にマゼラン海峡を抜けられるかなぁって思って。



… … … え?
早い?
なにが?

( ̄-  ̄ ) んー


あっ!

世界周航!


そうだった!
ほったらかしだったんだ。
いやー、待たせて悪かったわねぇ。
あぁ、でも、もっと遅くなると思ってた?

まぁ、そりゃそうよね。
今の今まで忘れてたんだから…。

0704.jpg

… … … その子?

0705.jpg

(°口°;) 誰っ!?

0706.jpg

あっ、
えぇっ?
そうだっけぇ?

…あぁ、
そう言われてみれば、そんな気もするなぁ。
ってことはあなた、
今の今までずっっっっと乗りっぱなしだったってこと?
すっかり忘れてたわ…。

てゆーか、

乗ってるならちょっとは働きなさいよ…。

まぁ、いいわ。
パナマを目指すついでに、
イベントもぱぱっと進めちゃいましょ。
次は、ブエノスアイレスね?

0707.jpg

はい到着。
次はサンアントニオ?
りょーかい。

0708.jpg

… … …

次。

0709.jpg

進んでる気がしねーっ!!! (ノ`△´)ノ┻━┻


何、あんたっ。
先回りしてるのっ!?
いったいどんな交通手段を駆使してるのよっ。
まさか、次もなんてことはないでしょうね。
ここから先は太平洋よ。
わたしの、記念すべき太平洋デビューの
先回りだけはしないでっ。

0710.jpg

…真西?
南米西岸を北上してくんじゃなくて、真西…?
ここを真西に行ったとして、
いったい何があるというの?
いずれニュージーランドと呼ばれるようになる島にたどり着くまでは、
ロクな島ひとつないような気がするけど…。
まさか、そこまで行けってんじゃないでしょうね。

そんな、古代ポリネシア人も真っ青よ。

悪いけど、世界周航はまたここで
中断させてもらうわ。
今、わたしが行きたいのは北なのよね。
パナマまで行かなきゃなんだから。
またそのうち、気が向いたら行ってあげるわ。

…たぶん忘れるんだろうけど。

0711.jpg

というわけで、
無事に太平洋デビューを果たし、
パナマにたどり着きましたっ。
これでパナマ運河の勅命が受けられるわ。

…さ、戻らなきゃ。


ラフに行こう! 

わたしはあまり美術史には明るくない。
この大航海に出る前は、
(てゆーか、出てからしばらくしても)
正直あまり興味もなかった。

でも、
美術の裏にも歴史ってもんがあるんだと、
当たり前のことに気づいたのね。
それからはもう、美術の依頼も楽しくなったわ。

開錠上げの修行をしてからこっち、
名画と呼ばれるような作品が次から次へと出てくるし!

ホント、やめられないよね。

さて、前回ちらっと
『ウルビーノのビーナス』を紹介したけど、
直後にさっそく、それと対(てゆーか、元?)になる作品に関する
依頼が舞い込んできたの。

0700.jpg

美術史に燦然と輝く(らしい)その名前、
ティツィアーノとジョルジョーネ。
どうも、この眠れる女神とやらが、
後の画家たちに大きな影響を与えたってことらしいけど…。

0701.jpg

兄弟弟子同士が、
ビーナスっていう同じ主題で絵を描いたのね。
もっとも、兄弟子であったジョルジョーネが残した
未完のビーナスの絵をティツィアーノが完成させて、
後に自分でも描いてみたってことみたい。

そんで、そのジョルジョーネの絵っていうのが、
コレ。

0702.jpg

『眠れるビーナス(1510年)』

前回紹介した『奴隷のいるオダリスク』には、
こっちの方が近いかも知れないね。
ひっくり返ってるけど。
この構図はもう、
美術史の大発明といってもいいんじゃないかしら。
後に、ゴヤマネもこの構図で描いてるっていうし。
なんていうか、裸婦画の源流っていう感じよね。

一枚一枚の絵をじっくり見るのもいいけど、
こうやって時代に照らし合わせて
流れで見ていくってのも面白いよね。

ほんと、勉強になるなぁ。


お財布はハーレムに捕らわれる 

新パッケージ「オスマンの栄光」の詳細が発表されたわね!

ottoman_pkg.jpg

そして大注目のオダリスクドレス!
やっぱり、あの公式に出てた服だったわ。
これはもう、買うっきゃないじゃない。
ホント、こういう商売は…。

まぁ、こっちに載ってるジャーリヤドレスの、
ただの色違いじゃないかってのもあるけど…。
でも、いいもん。
欲しいんだもん。
パッケの服なら、そんなに名声なくても着れるよね。

ね?

オダリスクっていうのは、
どうもトルコの後宮(ハーレム)にいた女性のことを指すらしいわね。
これ、ヨーロッパでの呼び方らしいんだけど。
で、後宮の中で侍女として生活してた女性たちのことをジャーリヤって呼んで、
そのジャーリヤの中から皇帝のお気に入りになれた人のことを
イクバルって呼ぶらしいわ。
この辺の単語、「アラバーナの海賊たち」シリーズの
「旋風はハーレムに捕われる」にも出てくるので、
個人的にめっちゃワクワクしてるのね(笑

で、そのオダリスクなんだけど、
どうもヨーロッパの人たちは
このハーレムがえらく気になるらしくって(笑
何人もの画家が“オダリスク”っていう主題で絵を描いてるのね。

その中のひとつがコレ。

800px-Jean_Auguste_Dominique_Ingres_008.jpg

ドミニク・アングル作 『奴隷のいるオダリスク』

この構図を見て、アレッ? と思ったあなた!
あなたはエライ!

そう。

0698.jpg

この依頼で発見できる、

0699.jpg

コレです!

美術の裏に歴史あり。
ほら、大航海時代がまた面白くなってきたっ。


オスマンが財布を襲う 

予告の通りに
発売されることが決まったみたい。

大航海時代 Online ~Cruz del Sur~
   トレジャーパック オスマンの栄光


パッケージ画像も何もないのが寂しいケド…。
早いとこ楽天に出ないかしらねぇ。
まぁ、こないだインカの秘宝を出したばかりなのに、
もう新パッケージなの? って気もしなくもない。

でも、でも…、

今回ばかりはちょっと欲しくなっちゃってるのよねぇ。

オダリスクドレス(体装備品)
オスマントルコの宮殿に住まう美しい女性たちが着るドレス。

コレよ、コレ。
コレって、公式に出てる
あの服なのかしら…。
アレだったら、
すっごく欲しいんですけど。

もうね、こーいうやり口は、
ホントやめて欲しいわ。

3980円かぁ。
30日チケットがついてくるとして、
実質2000円くらい…。

うぅ~ん。

なやむわぁ。


時の狭間に埋もれたモノ 

さすがに遙か西の地、
カリブ海ともなると、
不思議な依頼が舞い込んでくるもの。



現地の人が知らないものを、
なんでヨーロッパ人が知ってるかもと思えるかな。
知ってる方が、かえってコワイと思うんだけど。
でもま、いいわ。
なんか面白そうだから、
その依頼、請けたっ。

やたら☆の数が多いのが気になるケド…。
いきなりノーヒントだからかな。

ま、ヒントがないときは酒場に行けってね。

0693.jpg

えっ、知ってるのっ!?
さっすがラウル!
頼りになるじゃん。
ヨッ、看板息子!

0694.jpg

知らないのかよっ! ヾ(°∇°*)

あぁ…、
海を越えてもこのパターン。
それにしても、ラウルさん、
アトランティスなんて言葉よく知ってるわね。
そっちの方がよっぽどミステリーよ。

まぁ、いいわ。
なんだかわかんないけど、
その像を探してくればいいんでしょ?

0695.jpg

…あれ?
これでヒント終わり?
あとは現地に行って掘るだけ?

なんとも楽勝なお仕事ね。
☆8つってのはなんなのかしら。
単純に、必要とされるスキルが高いから?
でも、スキル高くても
星の数がそーでもないってのもあるし…。

なにかしら…。

0696.jpg

こぉいうことだったのかぁ…。

あそこまで行きたいのに行けない…。
目標の光に重なれないなんて、
こんなこと初めてだわ。
これは…、ここで掘るしかないのね。
そりゃ、確かに難易度上がるわ。

さ、気合い入れてポチっと行くぞー。

0697.jpg

オーパーツ、きたーっ  w(°o°;)w

なんと噂の恐竜土偶
まさかこんなものまで発見してしまうとはね(笑
そりゃあ未知の生物だわ。
だって見てよこの立ち方。
これ、恐竜っていうより怪獣よ。
そのまんまウルトラマンか何かに出てきそうだし。
ゴジラっぽいし。

今、こんなものをヨーロッパに持って帰ってしまったら、
きっと世の中大騒ぎになってしまうわ。

… … …

埋め戻しとくか。


お菓子の大帝 

わたし、不勉強でローマ帝国のことはあまり知らないのよね。
なんかこう、わかりづらくて。

0688.jpg

カールねぇ。
カールといって思い出されるのは、
やっぱりコレよね。



コレとキャラメルコーンと歌舞伎揚げは
わたしの大好物。
週末の夜には欠かせません。
歌舞伎揚げ頬張ってると、
口の中痛くなるけどね。
でも、やめられないのよ。

やっぱ定番のお菓子は最強だわ。

しかーし、
そんなカールに、
最近新製品が出てたのね。



うすあじってなに、うすあじって!

いいよ、うすくなくて別に!
あのチーズの匂いがいいんじゃないの。
しかもパッと見、なんのうすあじだか
わかんないじゃない!
黄色いし、うっかりカレー味のうすあじかと
思っちゃうっつーの。

… … …

コホン。

ま、まぁ、
このカールに“大帝”っていう単語がつくと、
大抵違うモノを連想するわよね。



地球のぉ~上にゃぁ~、
サーバー境界線あるけぇどぉ~。

0689.jpg

東ローマとか西ローマとか、
もうヨーロッパ中ローマだらけで
ワケわかんない。
誰かわかりやすく教えてくれない?
図解で。

0690.jpg

そして、
開錠修行中にさんざんお世話になった、
ボルドーの教会で宝冠発見。
いいのかしら、こんなの貰っちゃって。
それにしても、
アムステルダムの近くにあったものが、
なんでまたボルドーの教会にあるのかしらね。
まぁ、オランダあたりからフランス一帯まで、
ずぅ~っと支配圏だったみたいだけど。

0691.jpg

ボルドーに寄ったついでに、
近くで古い壁画を発見。
これは、ラスコーのやつかな?
これを見つけたっていう子供たちも、
まさか1万年以上前のものとは
思いもしなかったでしょうね。

てゆーか、

1万年以上、誰もこの洞窟に入らなかったの?

そこがミステリー。


おかげさまで元気です 

「船員が栄養不足のようです」

あらそう、大変。
じゃあ、いつものマグステでいい?
ヤダって言ってもそれしかないんだけど。

0686.jpg

Σ(°Д°;)

イルカっ!?

イルカのおかげってあんた!

あんた…。

0687.jpg

(-人- ;) 合掌…


おっとまんがやってくる! 

menace of ottoman

メナス オブ オスマン の導入が
なんと2月17日に決定したようです。

最初の告知のとき、
「オットマンってなんだ?」
と真面目に思ったのは内緒よ。

てっきり2月下旬くらい
(場合よっては3月)になると思ってたから、
意外に早くてびっくり。
家具の配置換えとか、スエズ運河とか、
楽しみな要素がいろいろあるわね。

座ったままアクションができる日は、
いつになったら来るのかしら…。


貴族のお遊戯 

3年やってきて、
ブリテン島の北側を回ったのって
初めてかも知れない…。

昔は怖くて行けなかったもんねぇ。

…今は面倒で行かないだけだけど。
まぁ、今回はベルゲンにヒントがあって、
スカンジナビア半島に行くのも久しぶりだなぁ
とか思ってたんだけど。

…確か、沈没船ってこの辺に沈んでたような気が。

ま、いいか。

というわけで、ブリテン島の北で
ご所望のチェス駒を発見。

0684.jpg

うん、見たことあるね。
あの映画で有名になったヤツだね。
我らが大英博物館に収められてるヤツだね!
海○堂がレプリカを作ったヤツだね!!
(実物は1831年に見つかったらしいけど…)

…こんなことなら買っとけばよかった。

ホント、チェスっていろいろあってオシャレだよねぇ。
将棋じゃ“成る”ってのがあるから、こうはいかないし。
将棋がダサいってワケじゃないけど。
世の中には「真鍮製」のモノもあるようで。
めっちゃ高級感漂ってます。



てゆーか、高級です。
こんなのを使った遊戯って、
まさに贅沢、ラグジュアリーよね!
なぁんて言っても、
そこまでラグジュアリーになる度胸もないんだけどサ。
わたしには1500円のゲームがお似合いよ。

0685.jpg

その彫刻家は海○堂の方?


俺のターン! 

俺は5六に角行を攻撃表示で召還し、
王手飛車取りでターンエンド!





冒険依頼仲介人曰く

「貴族の間でチェスがたしなみとされているのはしっているか?」

0681.jpg

マジでっ!?

やばっ。
わたし、将棋なら駒の動かし方くらいは知ってるけど、
チェスなんてさっぱりわからないわ。

ヤバいじゃん。
チェス憶えなきゃじゃん。
とりあえず、どうしよう…。



これでいいかなぁ…。
ラグジュアリーな愛され系モテカワ貴族
になる予定のわたしとしては、
やっぱチェスくらいはたしなんでおかないとかしら。
それにはまず、
チェスの歴史から学ばないといけないわよね。

0682.jpg

チェスに近しい、じゃダメなのよ!
わたしはチェスを習いに来たんだから。
将棋はわかるの。
弱いけど。

0683.jpg

チャトンラン?

… … …





…チャトラン?

チャトランがチェスに。

… … …





(*´д`*)



ボヘミアン ラプソディ 



相変わらず、
教える気があるのかどうかわからない
テキトーな受け答えの酒場の親父と語らってたら…、

0675.jpg

ジェスチャーがちょっと得意になりました。
これからはもっと有意義な情報を引き出させそうです。

(/^^)/ \(^_^ ) <('o')> (ノ°0°)ノ

「んなわけあるかー」という意味のジェスチャーです。
伝わりましたか?

…ま、これほど上がった感のないスキルも
他にないと思うんだけど。
使い道の無さでは社交が勝つんだろうけど。

さて、噂のアイドル、シャールカちゃんについてですがー。

0676.jpg

何か壮大なスキャンダルに巻き込まれてる様子。
すべての男に復讐とか言ってるよ…、あわわ。
なんという、伝説級の逆恨み。
昔のオンナは情熱的よね。
念力で死ぬ人がいたりさ。
まさに、ボヘミア~ンって感じ。
意味知らないけど。

0677.jpg

髪が長くて悪かったわねっ (`△´+)

悪いけど、わたしは癇癪なんて持ってないわよっ!
えぇ、これっぽっちも!
復讐なら、その本人に対して徹底的にやるし!

ふっふっふ…。

てゆーか、そのおばさんって何よっ!
思わないわよっ!

0679.jpg

… … …あ、
そ、そちらのおばさんでしたか…。
これは…、ししし、失礼ぃ。

さ、そのシャールカゆかりの品を
探しに行くとしましょうかねぇ。

がんばるぞー。

0680.jpg

わ、
なんか、すごい素敵な髪飾りが出てきた。
これはまた綺麗ねぇ。
こういうのが見つかると、
冒険者冥利に尽きるってものよね。

0678.jpg

こういうのが身につけられないのが残念だわ。

それにしても…、

ボヘミアに生まれなくてよかった。


応援しまっス! 

とある企画が進行中らしいです。

その名も

大航海時代オンライン アンソロジー企画

確かに、大航海時代オンラインって
不思議なほどアンソロジーが無いのよね。
FFやROのアンソロジーがたぁくさん出版されてた頃にも
大航海時代モノはついに見ることができなかったわ。

なんでかしらねぇ。

…船描くのが面倒だったからとか?

というわけで、
わたしもこの企画をひっそりと全力で応援したいと思います。
こういう活動は大好きなので、
ホントは参加できるとなお嬉しいんだけど、
参加できるほどのスキルもないからネェ。

今年はPS3版も来ることだし、
これからもドンドン盛り上げていけるといいね!

こんなとこで言わずに、
アチラの掲示板で言えって?

当方、小心者ですからに…。


ナウなヤングに大人気 

最近…、
我が船の副官、オチョ司祭が何かとうるさいのです。



わぁかってるわよっ! ( ̄△ ̄#)

ブリテン島の近くを通るたびに言わなくてもっ。
いいのよ。
メンドウで後回しにしてるだけなんだから!
サルベージ用の道具も、
なぁんにも用意してないし。

大丈夫。
沈没船は逃げはしないわ。
移動はするけど。

あぁ、そうそう。
ブリテン島と言えば、
久々にロンドンの依頼仲介人と話をしたのよね。
そしたら、

0671.jpg

既婚者であることが判明しました!

しかも、酒場に足繁く通っているらしいです。
24時間、365日ここで休まず働いてるのかと思っていたら…。
あ、そっか。
毎週火曜日の日中はお休みだったわね。

てゆーか、なんで依頼の話を聞くついでに
愚痴まで聞かなきゃならないのかしら。
まぁ、こういう変なところで日常がかいま見えるのは
嫌いじゃないけどね。

0672.jpg

ボヘミアーンって歌があったわよね、確か。
そのボヘミア?
ボヘミアの地の人だから、
ボヘミアンってことなのかしら。
ボヘミア地方ってチェコの西部らしいけど、
チェコって結構内陸よね。

0673.jpg

若い男性に人気のアイドル女傑ってことなのかしら…。
なんかいろいろ参考になるかも知れないわね。

うーん、気になる。


内陸に眠る都市 

内陸…、かぁ。



なんか、ろくな情報もないまま、
こうやって内陸探検にでてしまったけれど…。

…生きて帰れるのかしら。
とりあえず、用心のために鎧を着ておこうかしらね。
こんな砂漠の中で金細工の鎧なんて着たら、
中でホイル焼き状態になっちゃいそうだけど…。

あ、この上陸地点、奥地があるわ。
“内陸”ってひょっとしてこういうことを言ってるのかしら。
奥地にはいると、目の前に遺跡がどどーんって
よくあることだしね。

0667.jpg

ホントに目の前に広がってた!

こ、これは一体っ。
まるでヨーロッパの遺跡みたい。
まさしく石の家だわ。

0668.jpg

ヽ(≧▽≦)ノ


ひっさびさの遺跡発見!!

うーん、立派な遺跡だわ。
これは…、都市…、なのかしら。

0669.jpg

ジンバブエ遺跡。
一般的には、グレート・ジンバブエ遺跡
そっか、なるほど。
それで「大いなる(グレート)石の家(ジンバブエ)」なのね!
手元の資料には、
「ジンバブエとは、ショナ語で、首長、王の宮廷の意味を含んだ
『石の家』という一般語である」とあるわ。
ヨーロッパでは暗黒大陸と呼ばれるアフリカだって、
こんな立派な建造物を造れる人たちが住んでたのよね。

うん、ロマンだわ。

ヨーロッパの古い城塞に勝るとも劣らない立派さ!
ほんとどんな人たちが作り、生活してたのかしらね。

やっぱ、遺跡を探すって楽しいわ。
よし、今度は考古学を伸ばしていこうっと!


人は呼ぶ 

てゆーか、日テレは呼ぶ。
エジプトのインディー・ジョーンズと。
ハリソン・フォード好きなわたしとしては、
ちょっと納得いかない。
今日も元気だザヒ・ハワス。
日テレ大好きザヒ・ハワス。
エジプトの発見は、みんな俺のもの。

古代エジプトの女王とみられるミイラ、エジプト・カイロ郊外で発見

ピラミッドからミイラが出てきたのかぁ。
これでまた、ザヒ・ハワスの
「クフ王のミイラは大ピラミッドの中にある」
っていう説が有力になっちゃうのかしらねぇ。
わたしは“ない”っていう吉村説の方が好きだけど。
でも、出てきたのはファラオのミイラじゃないのよね。
単純に「墓」として作られたピラミッドもあるってことなのかしら。

謎は深まるばかりだわ。

てゆーか、年末の5時間を返せ日テレ…。
長すぎる上にほとんど前回の焼き直し。
しかも、ろくすっぽ知りもしないゲーノージンが
神聖なピラミッドの中でぎゃーぎゃーわめきたてる。
ホント、最低な番組だったわ。
まぁ、半分くらい寝てたんだけどさ…。

エジプト特集はふしぎ発見だけでいいんじゃないかな。

吉村vsザヒは興味深いケド。


果てしない“内陸” 

プライベートファームの手入れをするついでに
ちょっとサンジョルジュに寄ってみたら、
面白そうなお仕事があったのよ。

0665.jpg

たまった地図を消化するのに
ちょうどソファラ辺りまで行く予定があったし、
ちょうどよかったから受けてみたの。
必要な言語がスワヒリ語ってのが気になるけど、
今からリスボンに戻ってンジ様に会うのもメンドクサイ。
ま、身体言語があれば何とかなるわよね。

0660.jpg

アフリカ南西部だけどあらびやーん。
てゆーか、今頃ソファラ発見…。
いったい、どれだけ来てなかったのやら。
ラ・フロンテーラになってからは来てないってことよね。
なんか、行ってないとこって他にもありそうだなぁ。

…わたしのことだし。

さて、とりあえずどこに行ったらいいかわからないから、
こんなときは酒場ならぬ休憩所の主人に話の聞くのが鉄則。
あぁ、なんか懐かしいわこの感覚。っていうか手順。

0661.jpg

…そりゃ住人なら知ってるでしょうよ。

え、違う?
ここの街の“住人”
あぁ、そりゃ失敬。
あそこでぼーっとしてる住人さんね。

0662.jpg

知らないのかよっ ヾ(°∇°*)

ちっ、
役にたたない休憩所のオヤジめ…。
休憩ばっかしてやがるからだわ、きっと。

0663.jpg

今度こそ本当でしょうね…。
住人、なんて大きなカテゴリーでくるから、
怪しいと思ったのよ、さっき。
ま、今度はちゃんとした個人だし、
もう一回くらい信用したげてもいいわ。

よし、交易所ね。ホントね。

0664.jpg

聞いたことないのかよっ (ノ`△´)ノ


ほとんど情報になってないじゃん!
内陸、しかわかってないじゃん!

内陸ってどこなのよ、内陸って!

アフリカの内陸って!?


目標への到達 

あー、
長かったわぁ。
開錠上げをすると決めてから、
もう何ヶ月経ったのかしら。

…なんかもう考えたくもないわね。

でも、でも、
この苦しかった時期とも
これでお別れすることができるわっ。

0659.jpg

念願の開錠スキル7を手に入れたぞ!

ヾ(>▽<)ゞ

これでとりあえず、
9までの鍵を開けることができるんだから、
しばらく困らないと思うわ。
まぁ、開けた瞬間に船員が全滅するカモダケド… (-∇-)
新しい副官か、開錠ブーストアイテムさえ手に入れれば、
10ランクの鍵にだって挑戦できる。
まぁ、開けた瞬間に船員が全滅するカモダケド… (-∇-)

もっとも、
学術系のスキルがそこまでついていってないから、
そういう意味でもしばらく困らないと思うわね。

うん。



この修行でお世話になった
美術スキルも7になったし、
これで悠々自適な財宝探索家ライフが送れるってもんよ。
パナマ運河の勅命や、
世界周航にだって挑戦できるわ。

あ、その前に荷物の橋に避けといた高レベル地図
(つってもわたしの場合だから8とか9とかのだけど)
の消化をしなくちゃ。

…なんか、ひっさびさに安全海域を出るんですケド。


今年の抱負は2本立て 

新年も始まったことだし、
やっぱり何かしら
「今年の抱負」ってヤツを立てといた方が
いいのかなって思うのよね。

でも、パナマ運河通過! とか、
世界一周達成! とか、
そういったすぐに実現できそうな(できるのか?)
抱負じゃ意味もないし面白くもない。
なるべく浮気しない! ってのもアリだと思うけど、
多分それは達成できない。

んで、何かないかなぁと思っていたら、
まるで天恵のように、わたしに2つの言葉が降りてきたワケ。
それを見た瞬間、コレだ! と思ったわね。
今年はやっぱコレっきゃないって。

“さらわれ姫”メイク

そして、

愛されオーラ開花宣言!

新年早々、こんな素敵なフレーズに出会えるなんて、
わたしってばちょー運がいいわ。
もうね、コレを今年の抱負にするしかないでしょ。
あ、ちなみに、出所はココね。

ホネカワスネオ…、じゃなかった、
モテカワスリムとか、ゆる巻きカーブ(なんか違う?)なんて
古いしメじゃないわ。

そう!
パワフル&ハッピーなソーシャライツこそ現代最強のセレブリティー!
今年のナナリーは、最高にラグジュアリーだからヨロシク!


謹賀新年っ 

みなさま

明けましておめでとうございます!

本年も、どうかよろしくお願いします。
というわけで、お年賀代わりにトップ画像を
期間限定で撮り下ろしました。
海外旅行先からの年賀状的な
そんな感じでお送りします。

bg_056.jpg

さぁ、寝正月を満喫するぞ!


プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。