2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雨風が削って人が掘って 

こないだ、やっと財宝探索家になったので、
ひとまずカリブでの冒険はあきらめて、
東地中海を中心に活動することにしました。

考えてみれば、黒海周辺で
まだ見てないものがいっぱいあるのよね。
メソポタミア系のものなんて、ほとんどだし。

で、久々に行こうと思ったのが、ここ。

0419.jpg


前に初めてカッパドキアを発見したとき
その名前しか知らなかったことに、
軽くショックを受けてたのよね。
なので、世界・ふしぎ発見とか、世界遺産とかで
カッパドキアを特集してるときは
必ず見るようにしてるんだけど…。

そしたら、いつの間にか大好きな遺跡になってたわ(笑
やっぱり“そこで生活してた人がいる”っていうのが、
わたしにとってのキーワードになるみたい。
正直、もともと自然遺産系には大きな興味を持ってないんだけど、
(あ、興味ないっていうと、語弊があるわね。興味はあるんだけど、
自然がすごいのはアタリマエ。って思っちゃうのよ)
そこに人がいたってことになると、ガラっと変わって見えるのよね。

0420.jpg

ってわけで、久々のカッパドキア。
遠くから見ると、巨大なしめじ。
あんまり美味しそうには見えないけど。
こんなしめじの下を掘って、
広大な地下空間を作った人がいるのよね。
感心しちゃうわ、ホント。




こうして動画で見てみると、
また違った感動があるわね~。
便利な時代になったものだわ。
こんなに簡単に感動を共有できるんだから。

あぁ、そうだ。
ただ単にカッパドキアを見に来たわけじゃないんだった。
ちゃんと発掘もしとかないとね。
貨幣、貨幣か…。
下見て歩いてれば、見つかるかしら。
あぁでも、
ここは上を見て歩かないともったいないわねぇ。
うーん…、ジレンマだわ…。

0421.jpg

あ、
小銭みっけ ......(((*。・ω・)_


ホント、自然の力って軽く自分の常識を越えて行くわけだけど、それに適応する人間も凄いもんだと思うよねー

自分も自然世界遺産方面は今ひとつ興味が薄いです、ハイ
やっぱり、積み上げた歴史とその状況、
感情移入できるエピソードなんてものがあって初めて、
「すっげぇ!」って心にインプットされるもんだと思ってる
自然系のモノもそうした何かデータが欲しいよね!
そうすればきっと見方も違ってくると思うのになーと思う。
[ 2008/06/26 15:51 ] [ 編集 ]
というか、単純に自然遺産系の発見物が少ないね。
もっと滝とか山とか発見できればいいのに。
それこそ、ギアナ高地とか。
[ 2008/06/28 00:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。