2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幻に消えた幕開け 

イベント期間が終わってだいぶ経ったし、
もうそこかしこでいろいろ言われてることだから、
そろそろわたしの方も締めてもいい頃かしらね。

とかなんとか偉そうなことを言ってても、
実際の所は、最近ちょっと忙しくて、
あまり書く時間がとれなかっただけなんだけどね(笑

で、何を締めるのかっていえば、
そう、劇団クリスタルロッドのお話。
え、違う? クリスタッロ…?
まぁ、いいじゃん。
たいした違いじゃないわ。
どうせ今回でお終いよ。
脚本作りから衣装係の選別まで
ただの一観客にさんざん手伝わせておいて、
どんな素晴らしい舞台が出来上がるのかと
期待していたあなた(むしろわたし)。
残念でした。

0429.jpg

いつまで待っても始まりゃしません!

開演のベルはなりません。
えぇ、永遠に。

0430.jpg

(#ノ゚Д゚)ノ・゚・┻┻゚・:.。o

ダメだこいつら…、早くなんとかしないと…。
時間なかったんじゃねーのかよ。
てゆーか、ネタはだいぶ前から決まってるのに、
衣装係が決まってなかったって、どーゆーことよ。
なんかもう、開いた口がふさがらないって、
まさしくこういうときに使うのねって感じ。

実際に劇をやれとは言わないから、
イベントの時の一枚絵みたに紙芝居でもいいから、
せめて「大盛況のうちに幕を閉じたのだった」
ぐらいやんなさいよ。

始まりもしないっていったい何なのよ、もうっ!


0431.jpg

あれ、皮…?
確か、3人の衣装係の候補の中に、
革製品を得意としてる人ってのがいたような…。
えぇと、つまり、
わたしの選択は間違っていたってことかしら…?

0432.jpg

あぁ、いや、こんなのいらないし。
今時、織物仕入発注書って…。
今じゃすっかりレアアイテムじゃないの。
レアアイテムなら、わたしだって負けないわよ。
わたしなんて「香料仕入発注書」持ってるんだから!
使えっちゅーのよ! ねぇ?(笑

0433.jpg

あぁっ、もやもやするぅッ!
当たりなのかハズレなのか、
はっきりしてぇぇっ!

そりゃあね、
答えを探すイベントじゃないってのは
わかってるつもりよ。
前半がまさにそうだったけど、
今回は“取捨選択”することが大事だったって
そう言うんでしょ?

でも、わたしのその選択は、
結局何一つわたしに帰ってきてないじゃない。
ネタ集めの結果、どんな脚本ができたのかもわからない。
わたしが間違った情報を持って帰ってきちゃったとしても、
どうもそれが脚本に反映されちゃうってことはなさそうだし。
犯人捜しは、わたしより先に座長さんが答えを見つけちゃてる。
当然、わたしが間違えても何も問題なし。
衣装係選びは、貰える発注書が違うだけで、
特にこれといって正解はないみたい。
ほんでもって、どんな衣装が出来上がるのかってのも、
当然知ることはできない。

だって、発注しただけだから。

各本拠地に派遣された宣伝娘たちは、
絶対に上がることのない幕の向こう側で準備されてる
劇の宣伝を必死にやっている。

降りてしまった本来の脚本家には、
なんのフォローも無し。

代理脚本家の彼女は、噴水の前で待ちぼうけ。

アンナ様は脚本が自分好みなら、あとはなんでもいいの?

犯人捜しは、単に劇団内の空気を悪くしただけなんじゃ…。

細かいことばかりが気になって、
達成感が感じられない。

わたしとしては、
昔みたいな「祭りの中でいろいろな事が起こる」的な
イベントの方が好みだなぁ。
ちょっと街を飾って祭りを演出して貰えれば、
今のプレイヤーたちならそれで充分じゃないかなって思う。

壮大な歴史イベントは、
それこそ年1回くらいでいいかもしれない。



ちょっと記事の中の流れで、ナナリーさん所のブログ紹介させてもらったんですが、事前に許可いただくの忘れてました。本当に申し訳ない! リンクさせていただいてるのでいいかな、と思ったんだけどもしマズかったら連絡下さいませ。

 NPCはただのプログラムと分かってるんですが、わたしも「上演されることのない劇」を宣伝している宣伝娘とかすごく哀れに思った。脚本家のだって、「●●、おまえ成長したな…もう師匠は必要ないな、がんばれよ。」とか、後日談の一つや二つ作れるだろうにね。
「ああ、運営にとっては別にキャラは使い捨てで、思い入れとかないんだろうな」と思うと、ちょっとがっかりしましたよ…
ホント、街に見慣れないNPCがいたり、ちょっと違う音楽やふいんき(なぜか変換できない…)があるだけでも、わたしみたいなユーザーは嬉しくなるんだけどなぁ
[ 2008/07/01 13:42 ] [ 編集 ]
はい。
紹介していただいたことは知ってます(笑
もったいない言葉も頂いて。

別に許可なんて必要ありませんよ。
あっちこっちにリンクされてこそのウェブサイトですし、
ブログだと思ってますから。
自分の知らないうちに広がっていくことほど、
嬉しいことはありません。

ほんと、今回の尻切れトンボ具合は、
いったいどうしたことかと心配になるくらいですね。
完成してないのなら、
謝って予定を延ばすとかすればいいのに。
確かに非難はされるでしょうが、
それで支払いをやめるとか引退するとかは、
まずないと思うし。

大航海時代onlineはやはり、
丁寧さをウリのひとつにしてほしいところです。
グラフィックとかは丁寧なんだから。




[ 2008/07/01 18:05 ] [ 編集 ]
なんかこれ、ほんとにがっかりだったよねー!

こう公演そのものがみられなくっても、なんか後日談の一つや二つくらい欲しかったよね。

もー、こーえーはやることが中途半端なんだからぁ

ねっ
[ 2008/07/02 23:03 ] [ 編集 ]
まぁ、今のところ次のイベントの予定もないことだし、
今度はじっくり時間をかけて作ってほしいところね。
[ 2008/07/03 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。