2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

要ギリシャ語スキルな感じ? 

技術の進歩っていうものには、
いつも驚かされるわよね。
いつの間にそんなことができるようなったの!?
みたいな。

これも、そんなもののひとつ。

世界最古のギリシャ語聖書、インターネットで公開へ


“エジプト”で発見された世界最古の聖書が
“ギリシャ語”で書かれてるっていうのが面白いよね。
どういう経緯でそうなったのか、とても気になるところ。
で、そんな興味深いものが、
なんとネットで見られちゃうってわけ。
すごいよねぇ、ほんと。
博物館とか行かなくていいんだもの。
いや、ホントの実物は、行かなきゃ見られないけどさ。

http://www.codex-sinaiticus.net/en/


↑ここから入って、
「SEE THE MANUSCRIPT」をクリックすれば見られるわ。

まぁ、見たところでギリシャ語スキルがないわたしには、
なんともかんともちんぷんかんぷんなわけだけど…。

雰囲気よ雰囲気! こーいうのは(笑


おお、シナイ写本公開かぁ…そういえばそんな話はちらっときいていたけど、こんなに早くネットで公開とは時代の進化ですかねぇ。

ギリシャ語で書かれたのは、当時の世界共通語がコイネー(共通ギリシャ語)だったからです。昔マケドニアの王様やってたアレクサンドロスって人が、東方を征服しあちらこちらにギリシャ文化を広めたため、ギリシャ語が広まりました。で、ユダヤ人ってのは商売などのせいもあって、世界のあちこちに散っていったので、共通語のコイネーが使われていたのです。

そういえば今回のアップデートでは、ウルガタ訳(70人訳)聖書も発見物で登場したらしいし、バイブルブームですかねぇ。
[ 2008/07/29 06:41 ] [ 編集 ]
おぉ、アレクサンドロス大王!
聞いたことあるわ。
そっかぁ、ヤツの仕業なのねぇ。
勉強になりましたっ。
<(_ _)>
[ 2008/07/29 17:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。