2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手抜きはときどき遠回り 

アメリカ南西岸に名前を残してきたわたしたちは、
早速、リオデジャネイロに戻って、
執政官のオジサマに報告をするのでした。

0504.jpg

黄金郷!
エルドラド!
そんなのがあるんだ!
そこに行けば、黄金がざっくざくと掘れるのね!
素晴らしい!
是非行きたいわ! そのうち。

あ、そういえばこんなのもあったわね。
何かしら。
ひたすら金が展示してあるのかしら…。
ちょっと興味をそそられるわね。
世間の夏休みが終わった頃に行ってみようかしら。
あぁでも、終わり際って混むのよね。

0505.jpg

お、
これでロンドンに戻れば、
とうとうペルーに、インカに手が届くようになるのね!
ナスカ!
マチュピチュ!
あぁっ、夢が広がるわ。
まだ東南アジアにも行ったことないけど。

そろそろ行きたいよねぇ…。
アンコール・ワットは最初っからの夢だったし。

0506.jpg

いぇっさぁっ! ∠(^▽^*

ナナリー・ナナスタシア、
急いでイングランドに戻…らなくてもいいって聞いたんですけど。
その辺どうですか? 執政官さん。
なんか、本拠地ならどこでもいいみたいな、
そんな噂がまことしやかにささやかれてるんですけど。

まぁでも、やっぱ帰らないとまずいですかねぇ。
入港許可を他国で貰うわけにも、ねぇ。

0507.jpg

メンドクサイからセビリアでいいや!

あぁ、そういえばこの辺りの建物って、
イスラムに支配されてた頃のを再利用してるんですってね。
こないだの世界遺産で初めて知ったわ。
そう思って見てみると、
大聖堂も大鐘楼も、また違った趣があるわよね。
あぁ、ほんとに下3分の2はイスラムなんだって。
やっぱあぁいう番組って勉強になるわ~。

0508.jpg

セビリアの王宮って初めて入ったけど、
あぁ、ホントにイスラム建築なんだ。
へぇ~、すご~い。
これ欲し~い。
やっぱアレよねぇ。
自宅はイスラム調にするべきかしらねぇ。
なんていうか、
椅子に座るよりは、床に敷いた絨毯に座った方が、
ゆったりリラックスできそうだもの。

んじゃ、そこの人。
そう、あなた。
タベラ枢機卿?
お初にお目にかかりますぅ。
わたし、英国人でプロテスタントですけど、
その辺りにはバッチリ目をつぶっていただいて、
さくっと入港許可をいただけませんでしょうか。

だって、ロンドンまで帰るのメンドイんだもの。

0509.jpg

… … … はい?

σ( ̄、 ̄=) んーと…。

ハッ!Σ( ̄○ ̄ノ)ノ

世界周航イベントが始まったのかっ!

そういえば、誰かにセビリアに行けとか、
そんなことを言われていたような気がするわ。
…誰にいわれたのかは憶えてないんだど。

あー、うーん…。
そんなのはいいから、入港許可を…。
さくっと…。
ねぇ。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。