2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お財布はハーレムに捕らわれる 

新パッケージ「オスマンの栄光」の詳細が発表されたわね!

ottoman_pkg.jpg

そして大注目のオダリスクドレス!
やっぱり、あの公式に出てた服だったわ。
これはもう、買うっきゃないじゃない。
ホント、こういう商売は…。

まぁ、こっちに載ってるジャーリヤドレスの、
ただの色違いじゃないかってのもあるけど…。
でも、いいもん。
欲しいんだもん。
パッケの服なら、そんなに名声なくても着れるよね。

ね?

オダリスクっていうのは、
どうもトルコの後宮(ハーレム)にいた女性のことを指すらしいわね。
これ、ヨーロッパでの呼び方らしいんだけど。
で、後宮の中で侍女として生活してた女性たちのことをジャーリヤって呼んで、
そのジャーリヤの中から皇帝のお気に入りになれた人のことを
イクバルって呼ぶらしいわ。
この辺の単語、「アラバーナの海賊たち」シリーズの
「旋風はハーレムに捕われる」にも出てくるので、
個人的にめっちゃワクワクしてるのね(笑

で、そのオダリスクなんだけど、
どうもヨーロッパの人たちは
このハーレムがえらく気になるらしくって(笑
何人もの画家が“オダリスク”っていう主題で絵を描いてるのね。

その中のひとつがコレ。

800px-Jean_Auguste_Dominique_Ingres_008.jpg

ドミニク・アングル作 『奴隷のいるオダリスク』

この構図を見て、アレッ? と思ったあなた!
あなたはエライ!

そう。

0698.jpg

この依頼で発見できる、

0699.jpg

コレです!

美術の裏に歴史あり。
ほら、大航海時代がまた面白くなってきたっ。


ふむ・・・アングルが違うとイメージが・・・。
私もパッケージは買ってしまいそうです。
[ 2009/01/23 13:50 ] [ 編集 ]
そうそう、
ウルビーノのビーナスは“アングル”じゃなくて
ティツィアーノだからね!

って、ちがーう?

オスマンの栄光はAmazonでポチりました。
配送会社が変わって使いづらくなったから、
あまりAmazonで予約ものは買いたくないんだけどね…。
楽天に並んでくれないし。
[ 2009/01/23 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。