2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラフに行こう! 

わたしはあまり美術史には明るくない。
この大航海に出る前は、
(てゆーか、出てからしばらくしても)
正直あまり興味もなかった。

でも、
美術の裏にも歴史ってもんがあるんだと、
当たり前のことに気づいたのね。
それからはもう、美術の依頼も楽しくなったわ。

開錠上げの修行をしてからこっち、
名画と呼ばれるような作品が次から次へと出てくるし!

ホント、やめられないよね。

さて、前回ちらっと
『ウルビーノのビーナス』を紹介したけど、
直後にさっそく、それと対(てゆーか、元?)になる作品に関する
依頼が舞い込んできたの。

0700.jpg

美術史に燦然と輝く(らしい)その名前、
ティツィアーノとジョルジョーネ。
どうも、この眠れる女神とやらが、
後の画家たちに大きな影響を与えたってことらしいけど…。

0701.jpg

兄弟弟子同士が、
ビーナスっていう同じ主題で絵を描いたのね。
もっとも、兄弟子であったジョルジョーネが残した
未完のビーナスの絵をティツィアーノが完成させて、
後に自分でも描いてみたってことみたい。

そんで、そのジョルジョーネの絵っていうのが、
コレ。

0702.jpg

『眠れるビーナス(1510年)』

前回紹介した『奴隷のいるオダリスク』には、
こっちの方が近いかも知れないね。
ひっくり返ってるけど。
この構図はもう、
美術史の大発明といってもいいんじゃないかしら。
後に、ゴヤマネもこの構図で描いてるっていうし。
なんていうか、裸婦画の源流っていう感じよね。

一枚一枚の絵をじっくり見るのもいいけど、
こうやって時代に照らし合わせて
流れで見ていくってのも面白いよね。

ほんと、勉強になるなぁ。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。