2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

国が認めたマグステ 

スエズ運河の勅命を4往復することで、
国家なんちゃらかんちゃら記が少し貯まったから、
密かに企んでいた計画を実行に移してみた。

そう、マイレシピ。

鞄の中に溢れてる(わけでもないけど)、
マグステを作るためのレシピを
ひとつにまとめちゃおうっていう計画。

やっとここまで漕ぎ着けたって感じよね。

まぁ…、
マグステのレシピなんて、2つしかないんだけどさ。

0795.jpg

特認生産申請?
なにそれ。

0796.jpg

あー、なるほどね。
わたしがマグロのオリーブステーキを作るのを、
国家に特別に認めてもらうのね。

… … … なんで?

ほとんど自分で食べるために作るマグステだし、
特に国が買い取ってくれるってわけでもないのに。
いまさらお墨付きをもらう意味がわからないわ。

まぁ、利権はおいしいけどさ。

とはいえ、
別にこれといって他に使い道があるわけじゃないしね。
マグステ作るために貯めた物だし…。
ま、しょうがないか。

0797.jpg

でしょ?
わたしってば常に用意周到だから。
石橋を叩きすぎて壊す勢いよ。

で、必要なのは30枚だっけ?
こんだけ集めるのも、意外とメンドウだったわね。
カリブとかでちょこっとした勅命やっても、
ほんの数枚しかもらえないんだもの。
マイレシピは遠いと、愕然としたものだわ。

0799.jpg

これで、わたしは晴れて
国家公認マグロ調理師ね。
王宮御用達も時間の問題かしら。
あ、でも、
うっかり王宮御用達の調理人なんかになっちゃったら、
貴族になるっていう夢が遠のきはしないかしら…。
うーん、悩みどころ。

まぁ、それは置いとくとして…。

さて、それで実際、
マイレシピとやらはどうやって作ればいいのかしら?
レシピをあなたに差し出せばいいの?

0800.jpg

へぇ、
世の中には便利な人もいるものねぇ。
いっそ、ある程度まとめたレシピを売り出したら、
結構儲かるんじゃないかしら。
お役人さんって、こういうところがもったいないと思うわ。

0801.jpg

なんとなく枠が1つ余っちゃったけど、
とりあえずマグステレシピ完成。
これでマグステ作りも、ずっと楽になる!
…ほどじゃないけどね(笑

ま、持ち物枠2つ空いたし、
これはこれでいっか。


公用マグステ師おめでとう。

で、製塩法のレシピで3つ目ですね
[ 2009/03/07 17:50 ] [ 編集 ]
塩精製は非効率すぎない?(笑
いや、考えたけど…。
[ 2009/03/08 01:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Nanarie Nanastasia
ナナリー・ナナスタシア

world:Notos
国籍:イングランド
職業:財宝探索家
所属商会:
山百合会
貴族になって逆ハーレム商会を設立することを夢見る、愛と情熱の美しき冒険商人。趣味は遺跡旧跡巡りとマグロ釣り。手近な野望としては、とりあえず釣りレベル21の実現(できるの?)。座右の銘は「ブログなんてちょっとイタイくらいの方がちょうどいいのよ」。最近の悩みは、丁寧に喋るか日誌の口調で喋るかを発言するたびに迷うこと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。